【エロ漫画】痴覚の扉 3

作品名:痴覚の扉 3
作者:冨田茂
出版社:グループ・ゼロ
提供:FANZA
【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 1

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 2

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 3

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 4

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 5

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 6

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 7

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 8

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 9

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 10

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 11

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 12

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 13

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 14

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 15

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 16

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 17

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 18

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 19

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 20

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 21

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 22

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 23

【エロ漫画】痴覚の扉 3 画像 24

続きを読む

痴覚の扉 3

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

痴覚の扉 3 の続きはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です